アーティフィシャルネイル 人工爪。一般的にスカルプチャーを意味します。
アームレスト お客様が手を置くための、枕のようなもの。
アーモンドカーブ ネイルプレートを側面から見た時のカーブのこと。
アクティベーター 「活性剤」のこと。レジンを早く乾かす硬化剤です。
アクリリック アクリル樹脂のこと。ネイル業界では一般的にアクリルパウダーとアクリルリキッドで作る人工爪を意味します。
アクリル絵の具 ネイルアートをする際に使われる一般的な絵の具です。速乾性・耐水性に優れ、塗り重ねる事ができます。
アクリルニッパー アクリルの人工爪をカットするハサミのこと。
アクリルパウダー スカルプチャーや3Dアートを作る際に元となる粉。アクリルリキッドと混ぜて使用します。
アセトン 主にアクリリックネイルを外す際に使用します。除光液(リムーバー)の主成分でもあります。
アソート いろいろなカラーが混ざった状態を指す事が多い。ネイルストーンやカラーチップなどによく使われます。
甘皮 爪の生えぎわの皮膚のこと。ネイルをキレイに仕上げるために、定期的にお手入れをする必要があります。
イエローライン ネイルベットとフリーエッジの境目の部分のこと。
イクステンション(エクステンション) 一般的にスカルプチャーなどの付け爪のことをいいます。短い爪を人工爪等で伸ばすこと。
ウェル ネイルチップを自爪に装着させる時に接着させる部分を意味します。ハーフウェルとフルウェルがあります。
ウォーターマーブル 水の中にネイルカラーを何色か落とし、つまようじなどで表面だけを混ぜて模様を作り、そこに爪を入れて模様を付着させるアートのこと。
エアブラシ エアコンプレッサーを使用して、アクリル絵の具を霧状にして吹き付けてグラデーションを描くネイルアートのこと。またはその道具。
エッジング(エッチング) スカルプチャーを装着する際に、自爪表面の光沢をファイルなどで取り去る作業のこと。=サンディングともいう。
エデュケーター 各メーカーに属する専門の知識を持ったネイルテクニシャン。商品を熟知し、正しい使い方を理解した教育者のこと
エメリーボード 自爪用の爪ヤスリ。爪の長さ・形を整えるのに使います。
エリコネイル 黒崎エリコが主宰のネイルサロン、ネイル関連の商品
オイル ネイル業界ではキューティクルオイルなどのことを意味します。爪や甘皮の保湿など、ネイルアートにおいて重要な役割をします。
オイルマニキュア 温めたローションやオイルに指先を浸し、甘皮をふやかすネイルケアのこと。
オーバル
関連語:スクエアオフ ポイント ラウンド
爪先を卵形に整えた形状の爪のこと。エレガントな感じに仕上るので女性らしさを求めたい方にオススメの形。 爪の先が割れやすいので注意して下さい。
オレンジウッドスティック 木を細く加工したスティックです。両端が斜めにカットしてあり、甘皮を押し上げる際に使用したり、爪裏のカラー落とし等に使われます。
オリゴマー 分子を現す単位
オンス アメリカでの容量の表し方。1oz=約28.5g
カラーオフ(ポリッシュオフ・リムーブ) ネイルカラーをとること。つまりマニキュアを落とすことです。「ポリッシュオフ」又は「リムーブ」ともいう。
カラージェル 顔料の入ったジェルのこと。
カラーパウダー アクリルパウダーに色がついたもの。スカルプチャーや3Dアートに使用する。
カラーチップ(カラーティップ) チップオーバーレイの際に使う、カラフルなハーフチップのこと。簡単にカラーフレンチネイルを作ることが出来る。
カラーリング ネイルカラー・マニキュアを塗ること。ベースコート・トップコートを含む場合もあります。
仮硬化 ジェルが流れないように、短時間ライトに入れて仮止めすること。
カルガード ジェルネイルの一種であるカルジェルの未硬化ジェルを拭き取る液体のこと。
カルジェル カルブロック・コスメティック社が生み出した、人気上昇中の画期的なジェルネイルシステム。地爪へのダメージを最小限にとどめ、定着後も柔軟性を失わないため、折れにくく端が欠けることもありません。
ガロン 容量をあらわす単位。128オンスで1ガロンになります。1ガロン=約4.000ml
逆フレンチ ハーフムーン部分を空けて塗り分けるアートのこと。
キューティクル(甘皮) 一般的には甘皮と呼ばれる、爪の生え際にある薄い皮のこと。ここを整えておくとネイルカラーの仕上がりが一層キレイになります。
キューティクルオイル 爪や甘皮の乾燥、ささくれを防ぐ為、キューティクル(甘皮)部分に塗るためのオイル。 キューティクル・オイルで毎日ケアすると、丈夫な爪が生えてくるようになります。
キューティクルクリーン 甘皮をケア(お手入れ)することを意味します。
キューティクル・リムーバー キュ-ティクル(甘皮)を柔らかくし、手入れをしやすくするもの。液状、クリームタイプ等があります。
キューティクルニッパー ささくれや不要な甘皮を整える際に使用する専用の道具。
クラック 爪やスカルプチャーがかけてしまうこと。
グラデーション カラージェルを塗り重ねて境目をなじませ、色の濃淡を出すこと。
クリアネイル 爪全体をアクリリックやジェルなどでクリアに作り上げること。クリアチップを使用しても簡単にクリアネイルが楽しめる。
グリーンネイル 爪に出来てしまうカビのこと。 原因の多くはスカルプチャーネイルのメンテナンスを怠ったため。症状が重い場合は病院に行ったほうが確実。
グリッター ネイルに光沢を加えるラメ状の素材のこと。 大小様々な大きさがあります。
グルー ネイル専用の接着剤のこと。ネイルチップを付けたり、割れた爪の補修に使います。
グルーリムーバー グルーを剥がすためのリムーバーです。
クレンザー 未硬化ジェルを拭き取る液体。
コリンスキー アクリリックネイルの際に使用する、アクリルブラシの毛の種類のことをいう。(イタチの毛の一種)
コンペティション ネイル技術の大会のことを意味します。
サニタイザブル 消毒できる用品のことを意味します。
サンディング スカルプチャーを装着する際に自爪表面の光沢をファイルなどで取り去る作業のこと。エッジング(エッチング) ともいう。
Cカーブ 爪の先端を正面から見た時の丸みのことです。
ジェルブラシ ジェルを塗るためのブラシ。
ジェルネイル ネイルエクステンションの最新技術で、UVライト(UVランプ)で固めて作る爪のこと。臭いがほとんどなく、クリアな仕上がりになるのが特徴です。
ジェルネイル検定 ネイルの正しい知識と安全な技術を身につけ、お客様が安心して施術を受けられるようにNPO法人日本ネイリスト協会が作った試験のこと。初級・中級・上級がある。
シルク ひび割れた爪を補強したり、自爪を強化する際に使用するシルク素材のラップ材。
シャイニング 爪の表面に光沢を出すために磨き上げること。バッフィングともいう。
シャモアバッファー 鹿皮で出来た艶出し専用のファイルです。自爪・つけ爪どちらにも使用できます。
消毒液 ネイルケアやつけ爪を行う前に使用します。スプレータイプが一般的。
紫外線(UV) 紫外線:Ultravioletの略
人工爪 スカルプチャー・アーティフィシャルネイル・イクステンションなどの総称。
重合 重合とはモノマーが反応してポリマーになる化学反応のこと
簡単な構造を持つ分子化合物が2つ以上結合して分子量の大きな別の化合物を生成する反応
出張ネイル お客様の実家や指定場所に出向き、ネイルをする仕事のこと。
スカルプチャー(スカルプチュア) リキッドとパウダーを元にフォーム(土台)を使って自爪に継ぎ足ししていくつけ爪のひとつ。短縮して「スカルプ」ともいう。
スキンダウン サンディングやジェルの塗布をしやすいように、サイドの皮膚を押し下げること。
スクエア 爪の形の一種です。爪先とサイド共にストレートな形。衝撃に強いので折れやすい爪の人におすすめです。
スクエアオフ
関連語:オーバル  ポイント ラウンド
爪の形の一種です。爪先とサイドはストレート、角は削って丸みをつけた形のこと。衝撃に強く、ネイルサロンでも多く行われる形です。
スタリライザー ニッパーなどを殺菌するための用具のこと。
スチューデントサロン ネイルを勉強中の生徒が現場の仕事を学ぶために作られたサロンのこと。
ステンシル 初心者でも簡単にネイルアートができるツール。花や星などの図柄が切り抜かれたシール状のシートで、上からネイルカラー等を塗ればその形に着色されます。
ストレスポイント フリーエッジとネイルプレートの境目。スカルプチャーなどが一番欠けやすい部分を意味します。
ストーンプッシャー ルースキューティクルを押し上げる際に使用する、キメの細かい軽石状のプッシャー。
スマイルライン フレンチネイルのベースカラーと爪先を塗り分けた境目のラインのこと。
3Dアート アクリルミクスチャーを使って、爪の上に立体的なデザインが施されたネイルアート。
3Dパウダー 3Dアートを施す際に用いるカラーパウダー。
速乾材 ネイルカラーを早く乾かす役割をする。液状タイプとスプレータイプがある。
ソルベント 固くなったネイルカラーを薄める役割をします。数滴混ぜると元のような柔らかさになります。
ソフト 弾力性があり簡単に除去できる。ポリッシュ感覚で使え、カラーやデザインが長持ちし、爪を補強できる。
ハードジェルに比べると光沢が若干劣ると言われているが、
専用のトップコートを塗る事により輝きをもたせ、ジェルの黄変を防ぐことが可能。
また、ブランド(メーカー)によっては仕上げにハードジェルを併用し、
美しい光沢を出すことが可能なものもある。
ダストオフ ネイルブラシなどを使って、ファイリングした際に出る粉を払い落とす作業のこと。
ダッペンディッシュ アクリルリキッドやブラシクリーナーを入れる容器。
チップ あらかじめ爪の形になっている人工爪。アクリル樹脂で出来ていてそのまま爪の上に貼り付けるものが一般的。爪全体にかぶせるタイプと爪の途中から貼るタイプがある。
チップオーバーレイ ハーフチップを爪の途中から装着し、その上をアクリルパウダーやジェルなどで継ぎ足す技法の事。
チップオン つけ爪の技法の一種。爪の途中からチップを装着し、段差をファイリングするだけの簡単なつけ爪技術のひとつ。強度は弱め。
つけ爪 人工爪。アートを施して自爪の上に貼るタイプや、ジェルネイルなどもすべてを総称してつけ爪と呼びます。
デザインチップ デザインやアートが施されているネイルチップ。
デジタルネイル コンピューターに内蔵されたデザインから、専用の機材を使って細かいネイルアートを描く手法。
ドットペン 先端が丸くなっていて、ドットを描くときに使用するペン。
トップコート ネイルカラーを塗った爪の上に重ねることにより、カラーがはげるのを防止し、光沢を与えます。ラインストーンの接着などにも使えます。
トップジェル 最後にコーティングし、ツヤを出すためのジェル。
ニッパー 甘皮やルースキューティクルをカットするために使用するもの。
2枚爪 爪の層が2枚にヒビが入ってしまい、さかむけてしまう爪の症状。爪切りを使用するのをやめ 、ネイルファイルを使うことで回避できる。
認定講師 認定講師資格試験に合格した、JNAの活動の根幹を支えている講師軍のこと。
ネイルアート 爪の上にアートを施すことの総称。
ネイルウォール(爪廓) 爪の周りの覆われた部分。爪のフレームを作る部分 。
ネイルエキスポ 世界最大級のネイルイベント「TOKYO NAIL EXPO(東京ネイルエキスポ)」のこと。
ネイルカラー 一般的にマニキュアと呼ばれているものを指します。ネイルポリッシュ、ネイルラッカーとも呼ばれます。
ネイルグルー ネイル専用の接着剤。すぐ固まってしまう恐れがあるので開封後の保管には十分注意が必要。
ネイルサロン衛生管理士 JNAが定めた「ネイルサロンにおける衛生管理自主基準」で、ネイルサロンの現場で活用できる資格のこと
ネイルスクール 爪に関する専門的な知識、技術を学ぶ学校のこと。
ネイルフォーム 長さだしなど人工爪をつくる際に土台となるシール状の台紙のこと。
ネイルブラシ ダストを取り除く際に使用するブラシ。
ネイルプレート(爪甲) 根元から先までの爪全体のこと。3層で出来ています。
ネイルベット(爪床) 爪が出来る根元の部分。爪の肉に接している部分。ネイルベール、ネイルルートともいう。
ネイルマシーン オフ・ケアをする際に使うマシーンのこと。
ネイルマックス ネイルのデザインを掲載している雑誌のこと。
ネイルモデル ネイル検定試験などの技術の練習に協力してくれる方のこと。
ネイルリペア スカルプやジェルの欠けた部分や、自爪が伸びてきてしまった部分等を補強する作業のこと。
バイオジェル ジェルネイルの一種で、ヨーロッパを中心に愛されているメーカーのジェル。
ハーフウェル ネイルチップの形の一種。自爪に装着させる部分のチップ部分がハーフなことをさす。
ハーフムーン 爪の根本にある、乳白色の半月形の部分のこと
ハードジェル 従来のアクリルネイル同様の強く固いアーティフィシャルネイルでありながら、装着感が軽いのが特徴。
粘度性が高いものが多いため、爪の長さや形、厚さを形成するための操作がスムーズに行える。
溶剤で溶かすことができないため、ファイルで削り落として除去します。
ハイポニュウム(爪下皮) 爪の裏部分。異物が混入するのを防ぐ役割がある。
バッファー 爪の表面に光沢を出すためのファイル(爪やすり)。
バッフィング 爪の表面に光沢を出すために磨くこと。=シャイニングともいう。
ハングネイル 爪の症状の一種で一般的には「ささくれ」のこと。
光重合開始剤(フォトイニシエーター) 光を吸収して重合反応を起こす開始剤
光重合 ジェルの主な成分であるモノマーとオリゴマー,光重合開始剤(フォトイニシエーター)が一体化となっており光重合開始剤が光を吸収する事により,ラジカル(不対電子)が発生し,ラジカルを活性点として硬化する。
この光を吸収して硬化する反応をフォトポリマリゼーションと言う
ファイリング ファイルで爪やチップ、人工爪を削って長さを整えることです。
ファイル(爪やすり) 爪の長さや形を整えるヤスリです。
ファイルダスト ファイリングやサンディングをした際に出る粉のこと。
フィル つけ爪の浮いてきた所をファイリングすること。フィルインする前に行うと良い。
フィルイン つけ爪を付けた後、伸びてきた自爪の部分にアクリルやジェルを追加し人工爪と自爪の段差をなくすこと。
フィンガーボウル 甘皮を柔らかくするために、お湯に指先を入れるボウルのこと。
プッシャー 甘皮(キューティクル)を押し上げる際につかう道具。
プッシュアップ メタルプッシャーなどでキューティクルを押し上げること。
フリーエッジ 爪の先端。皮膚から離れた爪の部分のこと。
プレパレーション 甘皮ケア、サンディング、プライマーの塗布などの、ジェルを乗せる前の下処理の工程。
フレンチネイル 一般的に爪先の部分だけをホワイトに塗ることを指します。ホワイトだけでなく色々なカラーを塗るのも人気。
プライマー ベースジェルを塗る前に使用する液体。余分な水分油分を除去し、ジェルのリフトを防ぎます。
フローター 自爪の上に、アクリリックやジェルなどを乗せて爪を補修・補強すること。 カラーリングの持ちも良くする。
フォトイニシエーター 光重合開始剤  光を吸収して重合反応を起こす開始剤
フォトポリマリゼーション 光重合 ジェルの主な成分であるモノマーとオリゴマー,光重合開始剤(フォトイニシエーター)が一体化となっており光重合開始剤が光を吸収する事により,ラジカル(不対電子)が発生し,ラジカルを活性点として硬化する。
この光を吸収して硬化する反応をフォトポリマリゼーションと言う
ブラシダウン ルースキューティクルや余分な油分、汚れを丁寧に落とします。
ベースコート ネイルカラーを塗る前の保護剤。ネイルカラーの持ちを良くし、自爪の凸凹を滑らかにします。
ベースジェル ジェルネイルをする際に最初に塗る透明のジェルのこと。自爪との密着度を高め、色素沈着を防ぎます。
ペディキュア ペディ(足)+キュア(ケア:お手入れ)。足全体のお手入れのこと。
ポイント
関連語:オーバル スクエアオフ ラウンド
爪の形の一種です。爪の先端部分を尖らせてつくる形です。綺麗ですが、非常に弱くて割れやすいという難点があります。
ポリッシュ 一般的にマニキュアと呼ばれているものを指します。ネイルカラー、ネイルラッカーとも呼ばれます。
ホワイトスポット 爪に白い点々が出ること。
ポリマー 分子を現す単位
ポリマリゼーション 重合 重合とはモノマーが反応してポリマーになる化学反応のこと
簡単な構造を持つ分子化合物が2つ以上結合して分子量の大きな別の化合物を生成する反応
ホログラム スパンコールのような光沢のある薄いフィルム素材のこと。
マーブル ネイルアートの一種。2色以上のネイルカラーやアクリル絵の具等を混ぜ合わせて渦巻きを巻いたようなデザインにすること。
マトリクス(爪母) 血管と神経が通っていて、新たに爪が作られる部分。爪の育成に関係する大事な部分。
マニキュア マニ「手」 キュア(ケア)「お手入れ」のこと。一般的にネイルカラーをマニキュアと呼びますが、本来の意味はお手入れのことです。
未硬化ジェル ジェルネイルをライトに入れた後、硬化しないジェルが残ります。それを未硬化ジェルと呼びます。
モノマー(リキッド) アクリリックをする時ににパウダーと混ぜるアクリル樹脂の液。「リキッド」ともいう。
モノマー 分子を現す単位
ヤード アメリカで長さを表す単位です。1ヤード=約91cm
UVトップコート 紫外線をカットする成分が含まれたトップコートです。ネイルカラーやスカルプチャーの黄ばみを防ぎます。
UVランプ UVジェルを固めるためのライト。ジェルネイルをする時に使用します。
ラインストーン(ネイルストーン) ネイルアートに用いるキラキラした宝石のような飾り。多様な種類の色・形がある。トップコートなどで接着できる。
ラインテープ ネイルアート用に作られた光沢のある細いテープのこと。
ラウンド
関連語:オーバル スクエアオフ ポイント
爪の形の一種。爪の外側はストレートで、先端にのみゆるやかな丸みをつけた形です。 綺麗な雰囲気を出しつつ衝撃にも強い形です。
ラメグラデーション ラメを塗り重ねて境目をなじませ、色の濃淡をだすアートのこと。
リフト ジェルネイルやスカルプチャーを施した後にネイルプレートから浮いてしまうこと。
リペア 割れかかった自爪や、欠けてしまったスカルプチュアなどの修復や補強のこと。
リムーバー 除光液のこと。ネイルカラーを落とす液体。
リムーブ リムーバーを使ってネイルカラーをとること。「ポリッシュオフ」又は「カラーオフ」ともいう。
ルーススキン 甘皮の下から生える薄い表皮のこと。
ワイプ ジェルクレンザーを含ませて、未硬化ジェルを拭き取るガーゼのような布。
ワンタッチネイル 粘着剤を付けたネイルチップのこと。 爪に乗せて軽く押さえるだけで装着でき、取り外しも簡単。
ワンボール 始めに作るアクリルミクスチャーのこと。フリーエッジに乗せるミクスチャーをさすことが多い。